美術制裁

仮想通貨より現代アート!?

「はみがき」

正しくは練り歯磨きであって歯磨き粉ではないのだそうだ。

なぜか歯磨きが習慣にならずひどく意識して歯磨きをしていた。

えずきはするが口の中もさっぱりするし、嫌いというほどでもない。

ただ子供のころからあまり習慣化されなかった。

やはりあのさっぱりしすぎが合わないのだと思う。

試したことはなく想像にすぎないけれど、ヴェポラップやメンソレータムを頬張ったり、サロンパスを噛んでしまったような感じがあまり良くない。

もし、おしりがむずがゆかったとしても、ヴェポラップやメンソレータムを奥まですり込んだり、サロンパスでフタをしたりはしないだろう。

ウォシュレットからモンダミンが出てきたら、おしりはくしゃみをしてしまいそうだ。

それでいつも歯ブラシと水だけで磨く。時々塩をつけて・・・。

 

思えばお婆さんはいつも爪楊枝と指と塩だけ使っていた。

それでも90過ぎてもほとんど自分の歯だった。

 

広告を非表示にする